損害保険 被保険者による被保険者のためのブログ

被保険者が、被保険者として世の中の仕組みについて調査・検証・報告して参ります。

ホーム > カテゴリー - 損害保険

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

被保険者が調査 損害保険とは

被保険者です、こんばんは。

最近、損保各社の黒字のニュースが出ておりましたが、
損害保険について本日は調べて参りました。

損害保険は、偶然・突発的な事故により、
財物や身体に被った損害を金銭に換算・算定し、保険金としてお金で支払いをする保険です。

損害保険の基本的な考え方は実損補填です。

損害の発生に備えて、損害保険加入者は保険料を支払っていきます。

多数の契約者から支払われた保険金をプールし、
事故発生時に支払う制度です。

このような性質上、損害保険は、一種の社会保障制度ともいえます。

同じ保険でも、
契約者の死に対して一定額を保険金として支払い、
養老保険といった貯蓄性を含む生命保険とは、性質が違う保険といえます。
もちろん、健康保険などの公的保険とも全く違う種類の保険です。

損害保険の契約者が支払う料金を保険料
保険会社から給付される資金を保険金といいます。


損害保険を分類する場合、
まず、マリン分野とノンマリン分野に分かれます。

そして、損害保険の主な種目を下記のように分類することができます。

・マリン部門:海上保険

・ノンマリン部門:火災保険地震保険自動車保険傷害保険

上記の種目は大分類で、さらに細かい担保種目に分類されます。

海上保険火災保険自動車保険の3種目以外の損害保険を、新種保険と呼びます。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い



スポンサーサイト
損害保険 | トラックバック(-) | コメント(-)

EDIT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。