被保険者が調査 雇用保険被保険者が申請内容を間違いえた際の届出 被保険者による被保険者のためのブログ

被保険者が、被保険者として世の中の仕組みについて調査・検証・報告して参ります。

ホーム > スポンサー広告 > 被保険者が調査 雇用保険被保険者が申請内容を間違いえた際の届出ホーム > 雇用保険 > 被保険者が調査 雇用保険被保険者が申請内容を間違いえた際の届出

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

被保険者が調査 雇用保険被保険者が申請内容を間違いえた際の届出

被保険者です、こんにちは。

私、被保険者は地味にサラリーマンをしておりまして
サラリーマンの生活は本当につまらないものですが、
私、被保険者の楽しみは、おいしいものを食べることです。

私、被保険者のオススメは、松屋のカレー牛!
食べたことない方は、是非食べてみてください。



さて、今回私、被保険者が調べてまいりましたのは
雇用保険被保険者が資格取得日等を間違えた場合の届出についてです。

雇用保険加入、喪失の際に間違いがあった時は、雇用保険被保険者台帳記録訂正願を提出する必要があります。

・転勤した雇用保険被保険者雇用保険被保険者証
・雇用保険被保険者資格喪失届・氏名変更届
を、事業所の所在地を管轄する公共職業安定所(ハローワーク)に提出しましょう。




当手続きは
雇用保険法第7条

第7条 事業主(徴収法第8条第1項又は第2項の規定により元請負人が事業主とされる場合にあつては、当該事業に係る労働者のうち元請負人が雇用する労働者以外の労働者については、当該労働者を雇用する下請負人。以下同じ。)は、厚生労働省令で定めるところにより、その雇用する労働者に関し、当該事業主の行う適用事業(同条第1項又は第2項の規定により数次の請負によつて行われる事業が一の事業とみなされる場合にあつては、当該事業に係る労働者のうち元請負人が雇用する労働者以外の労働者については、当該請負に係るそれぞれの事業。以下同じ。)に係る被保険者となつたこと、当該事業主の行う適用事業に係る被保険者でなくなつたことその他厚生労働省令で定める事項を厚生労働大臣に届け出なければならない。当該事業主から徴収法第33条第1項の委託を受けて同項に規定する労働保険事務の一部として前段の届出に関する事務を処理する同条第3項に規定する労働保険事務組合(以下「労働保険事務組合」という。)についても、同様とする。


雇用保険法施行規則 第7条


第七条  事業主は、法第七条 の規定により、その雇用する労働者が当該事業主の行う適用事業に係る被保険者でなくなつたことについて、当該事実のあつた日の翌日から起算して十日以内に、雇用保険被保険者資格喪失届(様式第四号。以下「資格喪失届」という。)に労働契約に係る契約書、労働者名簿、賃金台帳その他の当該適用事業に係る被保険者でなくなつたことの事実及びその事実のあつた年月日を証明することができる書類を添えてその事業所の所在地を管轄する公共職業安定所の長に提出しなければならない。この場合において、当該適用事業に係る被保険者でなくなつたことの原因が離職であるときは、当該資格喪失届に、次の各号に掲げる者の区分に応じ、当該各号に定める書類を添えなければならない。
一  次号に該当する者以外の者 雇用保険被保険者離職証明書(様式第五号。以下「離職証明書」という。)及び賃金台帳その他の離職の日前の賃金の額を証明することができる書類
二  第三十四条各号に掲げる者又は第三十五条各号に掲げる理由により離職した者 前号に定める書類及び第三十四条各号に掲げる者であること又は第三十五条各号に掲げる理由により離職したことを証明することができる書類
2  事業主は、前項の規定により当該資格喪失届を提出する際に当該被保険者が雇用保険被保険者離職票(様式第六号。以下「離職票」という。)の交付を希望しないときは、同項後段の規定にかかわらず、離職証明書を添えないことができる。ただし、離職の日において五十九歳以上である被保険者については、この限りでない。
3  公共職業安定所長は、離職したことにより被保険者でなくなつた者が、離職の日以前二年間(法第十三条第三項 に規定する特定理由離職者及び法第二十三条第二項 各号のいずれかに該当する者(法第十三条第一項 の規定により基本手当の支給を受けることができる資格を有することとなる者を除く。)にあつては一年間)に法第十三条第一項 に規定する理由により引き続き三十日以上賃金の支払を受けることができなかつた場合において、必要があると認めるときは、その者に対し、医師の証明書その他当該理由を証明することができる書類の提出を命ずることができる。
4  事業主は、第一項の規定にかかわらず、職業安定局長が定めるところにより、同項に定める書類を添えないことができる。
に基づいて行われます。


当手続きは、資格喪失の事実、資格喪失日及び資格喪失の状況が確認できる書類並びに雇用保険被保険者離職証明書を提出するか、
電子申請システムによって申請することができます。
ただし、電子申請システムでの申請は、雇用保険被保険者離職票の交付を必要としない場合のみに限ります。

公共職業安定所(ハローワーク)に書面提出する場合には、8時30分~17時(土祝休年末年始を除く)が受付時間となっております。


私、被保険者もしがないサラリーマン。
いつ切られるかわからないので雇用保険について
もう少し調べていきたいと思います。
スポンサーサイト
雇用保険 | トラックバック(-) | コメント(-)

EDIT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。