被保険者が調査 日本の生命保険の歴史 被保険者による被保険者のためのブログ

被保険者が、被保険者として世の中の仕組みについて調査・検証・報告して参ります。

ホーム > スポンサー広告 > 被保険者が調査 日本の生命保険の歴史ホーム > 保険とは > 被保険者が調査 日本の生命保険の歴史

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

被保険者が調査 日本の生命保険の歴史

被保険者です、こんにちは。

前回まで、世界の生命保険の歴史について調べておりましたが
今回は、日本の生命保険の歴史について調べてみました。

日本では1868年に福澤諭吉が生命保険制度を紹介しました。
これを受けて、1881年7月、日本で最初の保険会社・有限明治生命保険会社が開業されました。
だが、当初は「人の生死によって金儲けをするのか」という誤解に基づく批判も多く、
その普及には時間がかかりました。

戦前までの生命保険会社の特徴としては、
法人の形態が現在のような相互会社ではなく、株式会社が主流でした。
また、普通の生命保険会社とは別に、徴兵保険と呼ばれる保険を扱う徴兵保険会社がありました。
徴兵保険とは、養老保険の一種で子供が小さいうちに加入しておくと、
その子供が徴兵などのときに保険金が給付されるというものだったそうです。
現代で言えば学資保険のような商品といえると思います。
現存する保険会社の中でも、
現 富国生命(富国徴兵保険)、
旧 東邦生命(第一徴兵保険、AIGエジソン生命保険に継承)、
旧 第百生命(第百徴兵保険、マニュライフ生命に継承)、
現 大和生命(日本徴兵保険)などが該当します。
戦前までは養老保険などの貯蓄性の高い商品がその主流で、
遺族補償の重要性は現代ほどウエイトが高くなかったようです。


徴兵保険って用語は初めて聞きましたが、
あってもおかしくはない気がしますね。
ただ、遺族補償というニュアンスではないので
現代と戦時中ではやはり感覚が違うんだなと感じさせれます。
スポンサーサイト
保険とは | トラックバック(-) | コメント(-)

EDIT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。