被保険者が調査 損害保険の仕事に就くための資格 被保険者による被保険者のためのブログ

被保険者が、被保険者として世の中の仕組みについて調査・検証・報告して参ります。

ホーム > スポンサー広告 > 被保険者が調査 損害保険の仕事に就くための資格ホーム > 損害保険 > 被保険者が調査 損害保険の仕事に就くための資格

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

被保険者が調査 損害保険の仕事に就くための資格

被保険者です、こんにちは。

今回は、損害保険の販売を行うための資格について調査してまいりました。


損害保険を販売する為には資格が必要になります。

一番基礎となる資格が損害保険募集人資格です。
募集人とは、保険の販売員、代理店のことを指しています。

この損害保険募集人という資格を習得すると、
自動車損害保険任意保険などの自動車関連保険のほか、火災保険損害保険等の取扱業務を行なうことができます。




試験は日本損害保険協会が実施しております。

損害保険会社の承認を得ていないと受験はできませんので、
損害保険会社か代理店へ所属している必要があります。

試験の合格点は7割、合格率はだいたい9割となってます。



2008年度からは募集人資格を持っている人を対象に、
最新の損害保険知識が理解できているかの確認、及び募集人の資質向上を図る為、
損害保険募集人資格の更新制度が導入されました。

募集人の資格を持っている人は5年毎に繰り返し試験を受けることになります。



また、代理店として損害保険の募集を行うのであれば、
損害保険募集人資格の取得だけではなく、
損害保険会社と代理店委託契約書にて委託契約を締結し、
金融庁に登録手続きも必要になります。



この他、損害保険代理店専門試験があります。
この資格に合格すれば、損害保険募集人資格との差は歴然ですので、
損害保険募集人としてお客様からの信頼にも繋がることになります。



損害保険代理店専門試験は既に損害保険の代理店として登録しているか、
損害保険の募集に従事していれば受験することができます。
コンプライアンス。法律、税務の3つのコースにより構成されています。



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


スポンサーサイト
損害保険 | トラックバック(-) | コメント(-)

EDIT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。